ペーパーのつまりにはお湯 | トイレのつまりを解消してくれる!水道修理のサービス

トイレのつまりを解消してくれる!水道修理のサービス

ペーパーのつまりにはお湯

トイレのつまりが発生してしまう理由の1つに、トイレットペーパーがあります。
ペーパーは、できる限り少量ずつ流すのが良いのです。しかし人によってはペーパーを一気に多く流している事があります。もちろん、むやみに紙を大量に流してしまえば、つまりは発生してしまう訳です。
ところでトイレットペーパーの場合は、かなり簡単につまりが解消できる場合があります。水などを使って解消を試みるのではなく、お湯を使ってみる手段があるのです。
というのもペーパーは、お湯にはやや弱い性質があります。水でもふやけるのですが、お湯に浸かった状態にする方が、ふやけやすくなるのです。ペーパーの間に隙間が生じやすくなります。その結果、つまりが解消されやすくなる訳です。
やり方は非常に簡単で、トイレに対してお湯を注ぎ込むだけです。それで1時間ほど放置しますと、自然とペーパーがふやけて、つまりが解消される場合があります。
ただし、それには2つ注意点があるのです。まず、あまり高い温度にしない方が良いでしょう。というのも便座は、ややデリケートな場合があります。一部の便座は高温には弱く、損傷が生じてしまう事もあるのです。
基本的には、50度前後のお湯にするのが望ましいでしょう。60度以上では、少々高すぎます。
それとお湯を流して解消する手段は、あくまでもトイレットペーパーがつまっている時のみ有効です。他の物がつまっている時には、かえって逆効果になってしまう事が多いので、流さない方が良いでしょう。