道具を使って対処 | トイレのつまりを解消してくれる!水道修理のサービス

トイレのつまりを解消してくれる!水道修理のサービス

道具を使って対処

トイレのつまりが発生した時には、パイプクリーナーという道具を使ってみるやり方があります。それを使用すると、たいていのトイレのつまりは解消可能です。
そのクリーナーは、先端部分にはお茶碗のようなパーツが付属しています。ただし陶器のお茶碗などでなく、ラバー製のパーツになるのです。そこを、つまっている箇所にタッチする事になります。
ところでクリーナーは、縦長の棒のような形をしているのです。お茶碗のラバーのパーツとは反対側に、レバーが設置されています。そのレバーは、腕で力強く引く事になるのです。
その具体的な使い方ですが、まずはお茶碗のようなパーツを、つまっている箇所にしっかりとタッチします。すると、軽い真空状態が形成されるのです。
その空気が抜けた状態で、今度は反対側にあるレバーを引きます。するとレバーを引いた方向に対して、トイレのつまりが発生している物が引き寄せられるという仕組みなのです。
ただしつまっている物によっては、かなり強くパイプに付着している事もあります。その場合は、何回かクリーナーのレバーを引いてみると良いでしょう。数回ほど繰り返していれば、大抵のトイレのつまりは解消します。
このクリーナーという道具は、かなり大きな効果を発揮してくれる傾向はあります。しかし、この道具を使用してもトイレのつまりが解消されない事例も、たまに散見されています。そういう時には、水道修理の専門業者に依頼する方が良いでしょう。